« 2006年3月 | トップページ | 2007年10月 »

著書についての考え

私は、統計や、数学、数理計画法といった難しい理数系の学問について、
多くの社会人の方々や学生諸子に、
実際に役に立つ能力を、できるだけ短い時間で習得していただく方法
考え続けてきました。

長年考え続けた結論が、
「専門家から初心者まで容易に使える世界最高水準のソフトの
機能限定版を開発元から提供してもらい、
解説書とともにブルーバックスから出版する」

という戦略です。

統計におけるJMPや、数学では『パソコン楽々数学』に収録のSpeakeasy
数理計画法では今後予定していますシカゴ大学で開発された
LINDOファミリーの紹介をここ数年のライフワークにしてきました。

この分野は、世界的な競争にさらされているため、
機能限定版のソフトであっても、十分学習に用いたり、
ちょっとした仕事に使えます。

現実的も、役に立つかどうか分からない高価な商用版を
最初から手に入れるのは個人にとってリスキーなことです。

まず私の書籍の機能限定版ソフトを用いて、
統計・数学・数理計画法の理論の理解と、
ソフトウエアの操作法をマスターしていただき、
現実の問題を解決する能力を身につけましょう。

その上で実務に役立ちそうならば、
会社や学校での購入を働きかけるか、自前で購入すればよいでしょう。

-*-*-*-

統計を例に取れば、
多くの社会人の方が何冊も統計書を購入し
長い時間その習得に時間をかけてこられていると思います。

しかしその中で、
データを分析し役に立つ統計の情報を手に入れるところまでいかれた方は、
ほんのわずかだと思っております。
私の著書を統計の入門とされ、
今後ますます技術を向上されていかれる事を心から願っております。

新村秀一 著書一覧
(大学研究室ホームページ:「著書一覧」を参照下さい。)

http://sun.econ.seikei.ac.jp/~shinmura/

| | トラックバック (0)

乞うご期待

 現在大学のホームページの修正行なっているため、「新村秀一の書斎」の更新のペースが遅くなっています。

今後は、自著の講評、ウイーン留学のエッセイなどを掲載予定です。オペラやヨーロッパの生活など乞うご期待。

大学研究室ホームーページ
http://sun.econ.seikei.ac.jp/~shinmura/

| | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2007年10月 »